×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カルティエの結婚指輪で不変の愛を誓う。

結婚指輪はカルティエの結婚指輪はどうですか?
一生に一度だけの晴れ舞台でお互いの永久の不変の愛を誓う。
その感動のピークにカルティエの結婚指輪を交換する。思わず涙がポロリ。

その涙はカルティエ 結婚指輪だから出たのでしょうか、いやいやどんな結婚指輪でも
感動に変わりはありません。
結婚指輪の交換は現代の日本人の結婚式の定番アイテムとなっています。
ここ10年のデータでもほとんどのカップルが結婚指輪を購入しており日本の結婚式には
欠かせないものです。

いやむしろ結婚式は挙げなくても結婚指輪は交換するようです。
カルティエ 結婚 指輪は年々新しいデザインが増えて、結婚指輪の種類も多くなってきました。
当然のことながら結婚指輪は結婚後からずっと身に着けることになるので、お互い納得いくものを
選びたいですね。

ライフスタイルを考えながら飽きのこないデザインを選びましょう。
結婚指輪の平均購入額は2人分で20万円弱というデーターがありますが平均額は
やや増加傾向にあるようです。

カルティエ結婚指輪にトリニティ・リングなど

カルティエ結婚指輪にトリニティ・リングやラブ・リングなどどうですか。
カルティエの結婚指輪はもともとヨーロッパ貴族たちに人気が高く、それが世界に拡大して
今では世界中の人々を魅了するエレガント結婚指はとして日本に普及しました。
デザインの種類はトリニティ、Cシルーズ、タンク、ビス・モチーフ、サントス、パシャなど多くの
デザインがあり、シンプルな地金リング「トリニティ・リング」や「ラブ・リング」は、カルティエの
結婚指輪として選ばれることが多いです。

私は上品でかわいらしいトリニティ・リングがお気に入りです。
トリニティリングは3連リングの指輪のことを言います。
3色のゴールドが絡み合ったデザインは愛・忠誠・友情を表していると言います。
結婚指輪を着ける薬指は創造を象徴。
特に左手薬指は古代のエジプト時代から、大事な男女の証しの指とされ、結婚指輪を
この指に着けることになりました。
結婚後何年か経ったとき、薬指にはめたトリニティ・リングを見ながら、夫婦2人で愛を確かめ合うのもいいものです。

カルティエのプラチナ、ホワイトゴールド

カルティエのプラチナ指輪は、新しい貴金属として未知数であったプラチナをいち早くジュエリー製作に
取り入れて、レースのような繊細な透かし柄のガーランドスタイルという指輪の名品を数々を生み出しました。
プラチナはアルカリや酸、熱にも強い金属で質量が重いので重量感もあります。
プラチナは特に日本人の気質のマッチしたのか愛好家が多いし、なめらかな日本人の肌にはプラチナが
良く映えるようです。

プラチナはごくごくレアな金属で産出する国も限れレ手織ります。
約80パーセントが南アフリカで、ロシアが11パーセントと言う状態でこの2国で世界産出量の9割を
占めております。
しかも1トンもの原石からやっとプラチナ3グラムを取り出すといった原石のプラチナ含有量です。

ホワイトゴールドの素材は硬いのですが仕上げの状態によってはメッキがはがれることもあります。
プラチナの産出国のロシアが革命による混乱で、プラチナの供給が大幅に減少したときに
その代替品として開発されたのがホワイトゴールドの由来です。

Copyright © 2008 カルティエ結婚指輪は幸せの定番アイテム